設備のさび止めコストの大幅ダウンと、延命化を可能にする三井住友金属鉱山伸銅株式会社の亜鉛防食材料 ZAPシリーズの紹介サイトです。

#
ホーム製品情報 > ZAPシール

製品情報

ZAPシール塗る防食
ZAPシ−ルは、自動車のフロントフェンダやフロントパネルのボルト締結部など、錆びやすい箇所の局部防食材として手軽に使用できる亜鉛シ−ルです。
#ダウンロード カタログPDF
 

製品構成

  • 当製品は高純度亜鉛箔、導電性粘着剤、剥離紙から構成されています。
  • 上記粘着剤層を剥離紙で保護してロール状に巻いたものをZAPテープ、これを使用時の形状にシール抜き加工したものがZAPシールです。
ZAPシールの商品写真
 

特長

  • 国産自動車メ−カ−で20年以上の使用実績があります。
    • 高品質、高コストパフォ−マンスの要求が厳しい国産自動車メ−カ−で20年以上の実績があり、多くの自動車で使用されています。
  • 簡単に施工ができます。
    • 施工しやすいように予め最適なサイズにカットされていますので、すぐ貼り付けて使用できます。
  • 膜厚管理が容易です。
    • 塗装では再現できない厚み精度が確保できます。
  • 貼り付け直後から高い防食効果を発揮します。
    • 塗装のような乾燥や飛散防止の養生が不要で臭気もなく、貼り付けた直後から信頼性の高い被覆防食効果と導電性粘着剤による犠牲防食効果を発揮します。
  • 異種金属接触腐食隙間腐食対策に有効です。
    • 亜鉛はイオン化傾向が大きい為、ステンレスと鉄、アルミニウムと鉄など異種金属が接する箇所や材料同士が接して生じる隙間部に用いれば、重要な部材を腐食から守ることができます。
トップへ戻る

効果

次の断面模式図に示すように、自動車のフロントフェンダ−のボルト締結部は厳しい腐食環境にありますが、ZAPシ−ルの使用で効果的に錆が防止できます。

■自動車のフロントフェンダのボルト締結部におけるZAPシ−ルの防食効果

  無防食の場合 ZAPシ−ルで防食した場合




矢印
矢印
矢印








フロントフェンダ−と車体を締結するボルト周辺部は、

  • 狭いためED塗料の回り込みが、無かったり不足するだけでなく
  • ボルト穴の端面やバリでは、鋼板素材面が露出します。
  • また浸透した水分は、閉空間のため乾燥しづらく長期滞留します。
  • さらに酸素濃淡電池と言うマクロ腐食電池も形成されます。これら要因のため錆が発生しやすく、融雪剤を使用する地域や海岸近く等では、錆汁が生じ見苦しくなることがあります。

フロントフェンダ−と車体を締結するボルト周辺部は、

  • ZAPシ−ルの厚みの効果でED塗料の回り込みが、改善されるだけでなく、
  • ZAPシ−ルの犠牲防食作用、被覆防食作用、及び亜鉛の腐食生成物によるインヒビタ−効果でボルト穴の端面やバリの錆も含め、効果的に錆が防止できます。
トップへ戻る

自動車における適応箇所

過去使用実績のある主な適応箇所は、次表、次図に示す通りです。

適応箇所 具体例 説明
ボルトで取り付け、ED塗装を行う部品 フロントフェンダ−のボルト締結部(上図参照)
  • ZAPシ−ルの粘着剤の導電性により、フロントフェンダ−と車体間のボルト締結部に使用してもED塗装ができます
  • ZAPシ−ルの厚みによりED塗装の付き回りが改善します
  • ZAPシ−ルの亜鉛の犠牲防食作用、被覆防食作用、腐食生成物のインヒビタ−作用で、取り付け部周辺や取り付け穴の端部の防食が可能です
帯電防止を目的とした無塗装部 燃料タンクのボルト締結部
  • ZAPシ−ルの粘着剤の導電性により塗装されない燃料タンクのボルト締結部は、帯電防止のア−スが確保できると共に錆も防止できます
錆やすい隙間部 エヴァポレ−タ−、フロントパネル、バンパ−、フロワ−、ドア等
  • 水が溜まり易く、ED塗装の回り込みが悪い箇所などでは、ZAPシ−ルの被覆防食作用、犠牲防食作用、及び腐食生成物のインヒビタ−作用で効果的に錆を防止できます
トップへ戻る

用途例

乗用車車体部   アルミ製目隠パネル
の取付部
  釣り針(右は無防食)    
乗用車車体部

フロントフェンダーと車体の間

  配管溶接部

ベランダのアルミ製目隠パネルと取り付けボルトの間

  消火栓地際部    
※その他用途例
  • 異種金属接触箇所や立体構造物の隙間部分
 

仕様

■形状・サイズ
  • 新規に型を作製するため、当社の設備能力や原材料サイズの許容範囲内では、お好みの形状、サイズにハ−フカット(※)し、穴を開けることも可能ですので、お気軽にご相談下さい。
  • 亜鉛箔の厚みは、0.1mmです。

※:ハ−フカットは、剥離紙はカットせず、シ−ルとなる亜鉛箔と粘着剤をカットする方法を意味します。

■最小販売単位
  • 下表を基本としますが、ご相談下さい。
最小販売単位 入り数
シ−ト数/箱 シ−ル枚数/シ−ト
1箱 500シート 形状や要望に依りますが、一般的には2〜40枚
■シ−ル形状の例
例1   例2   例3   例4
例1の画像   例2の画像   例3の画像   例4の画像
例5   例6   例7   例8
例5の画像   例2の画像   例7の画像   例8の画像
■使用上及び施工時の留意点
  • 構造物の強度が不足している箇所(補強にはなりません)
  • 水中に常時浸漬する箇所、または干満帯
  • 止水、防水目的
  • 防食対象物が高温環境(60℃以上)にある場合
以上の場合はご使用になれない、もしくは注意が必要となります。
トップへ戻る

■ご注意:本ホ−ムペ−ジに記載された技術情報は、本資料発行時での製品の一般的特性や性能を説明するためのものであり、保証をするものではありません。腐食環境は多岐に亘るため本技術情報が当てはまらない場合があります。
■「ZAP」は三井金属鉱業株式会社の登録商標です(第4980705号)

Get ADOBE FLASHPLAYER